・テーマごとに問題があります。
・すべての解答を選択したら、青色の「解答」を押してください。結果と解説を見ることができます。
・出題範囲および出題形式は必ずしも本番と同じものでありません。本記事はあくまで自己責任でご使用ください。
・記載内容の誤りやシステムに不具合があった場合には、お手数ですがお問い合わせフォームまたはTwitterからお知らせいただけると助かります。

【G検定2023まとめ】要点整理&当日用カンペ

G検定の要点をシラバスから抜粋してまとめました。これから学習する方も、復習したい方にもお使いいただけます。試験当日用のG検定カンニングペーパーとしてもお役立てく…

G検定・E資格まとめ

G検定 E資格 Generative AI Test2023 関連記事【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編) 2024年5月4日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(講義編)& [&h…

【G検定2023まとめ】理解度確認&問題集まとめ【直前対策】

G検定の要点を問題形式にまとめました。試験前の理解度確認、直前対策にお役立てください。 (最終更新日:2023年3月1日) 1. 人工知能とは 問題を解く 2. 人工知能をめぐ…

1. 人工知能とは

人工知能とは、どのようなものを指すか。次の選択肢から最も適切なものを1つ選べ。

機械学習を用いた人工知能に関する記述として、正しいものを1つ選べ。

人工知能という言葉は、1956年に開催されたダートマス会議で初めて使われた。その会議で提案された人工知能研究の目標として適切なものを1つ選べ。

人工知能の研究は1950年代から始まったが、その後何度かブームと冬の時代を繰り返した。現在は第三次ブームと呼ばれる時代にある。第三次ブームが始まったきっかけとして適切なものを1つ選べ。

以下の文章において、空欄(ア)(イ)に当てはまる語句の組み合わせとして、最も適しているものを1つ選べ。ディープラーニングは( ア )と呼ばれる仕組みを用いて計算を行う手法である。ディープラーニングは人工知能の学習効率を高めるために、ニューラルネットワークを多層に結合し( イ )を高めたものである。自然言語処理や画像認識など、人間が自然に行うタスクをコンピュータに学習させることができる。

1956年にアメリカで開催されたダートマス会議に関する説明として、不適切なものを1つ選べ。

1956年にアメリカで開催されたダートマス会議に関する説明として、不適切なものを1つ選べ。

以下の文章を読み、空欄(ア)~(ウ)に最もよく当てはまる語句の組み合わせとして、最も適しているものを1つ選べ。  第1次AIブーム(推論・探索の時代)は、コンピューターを使って推論して問題を解かせる研究が進みました。しかし、迷路やパズルなどの( ア )しか解けないことが明らかになり、ブームは終焉しました。第2次AIブーム(知識の時代)では、専門家の知識をデータベースに蓄積して利用する( イ )が注目されました。しかし、知識ベースの構築や更新が困難であることや、常識的な判断ができないことが問題となりました。第3次AIブーム(機械学習・ディープラーニングの時代)は、大量のデータから自動的に特徴量を抽出する( ウ )が登場したことで始まりました。これにより、画像認識や自然言語処理など多くの分野で高い性能を発揮するシステムが実現されました。

次のうち、AI効果の例として適切なものを全て選びなさい

人工知能とロボットの研究に関する説明として、正しいものを1つ選べ。