【G検定まとめ】要点整理&当日用カンペの項目別詳解ページです。

詳細な知識や実装は試験には必ずしも必須ではありませんが、試験対策として理解を深めたい方はぜひ最後までご覧ください。

G検定まとめはこちら

強いAIと弱いAI

アメリカの哲学者ジョン・サールが1980年に発表したAIの区分のこと。
ジョン・サールは、人の思考を表面的に模倣するような「弱いAI」は実現可能でも、意識を持ち意味を理解するような「強いAI」は実現不可能だと主張している。
英語しかわからない人を中国語の質問に答えることができる完璧なマニュアルがある部屋に閉じ込めて、その人がマニュアル通りに受け答えをすれば、実際には中国語を理解していないにも関わらず部屋の中の人が中国語を理解していると誤解してしまう「中国語の部屋」という思考実験を実施。これが本当に知能があるといえるのかという議論がある。
ブラックホールの研究で有名なスティーブン・ホーキングと共同研究をしたことで有名な数学者のロジャー・ペンローズは、意識は脳の中にある微細な管に生じる量子効果が絡んむため、既存のコンピュータでは「強いAI」は実現できないと主張。

強いAI・適切にプログラムされたコンピュータは人間が心を持つのと同じ意味で心を持つ。
・人間の知能に近い機能を人工的に実現するAI
弱いAI・コンピュータは人間の心を持つ必要はなく、有用な道具であればよい。
・人間の知能の一部に特化した機能を実現するAI

強いAIと弱いAI

ジョン・サールは、コンピューター・プログラムが本当に言語を理解したり、心を持ったりできるという主張に反対する彼の主張を説明するために、「チャイニーズ・ルーム」思考実験を提案しました。

サールによれば、人工知能には次の 2 種類があります。

  1. 弱い AI: ナロー AI またはシンボリック AI とも呼ばれ、特定のタスクまたは一連のタスクを実行するように設計されています。これらのシステムは真の理解や意識を持っておらず、機能を実行するために事前にプログラムされた一連のルールに従っているだけです。
  2. 強い AI: 一般的または人間レベルの AI とも呼ばれ、人間のように真の理解と意識を持つように設計されています。サールは、機械が真に言語を理解したり心を持ったりすることは不可能であると主張している.

弱いAI

  • 弱い AI は、真の知性や意識を示すのではなく、限られた領域内で特定のタスクを実行するように設計されているため、「狭い」または「応用された」AI としても知られています。
  • 脆弱な AI システムは、知覚、推論、理解などの人間のような認知プロセスではなく、正式なルール、アルゴリズム、記号表現を使用して動作します。
  • 弱い AI には、真の理解や意図性がありません。定義済みのルールに従ってシンボルを操作することしかできません。
  • つまり、意味や意味のある内容ではなく、シンボルの正式な構造に基づいて動作します。
  • 弱い AI システムは、限られた方法で人間の認知プロセスをシミュレートできますが、主観的な経験や意識はありません。それらは本質的に、自分が何をしているのかを実際に理解することなくタスクを実行できる「心のない」マシンです。

強いAI

  • 適切にプログラムされたコンピューターは、人間と同じように「理解」または「認知状態」を持つことができると主張しています。
  • コンピューター プログラムによって人間の精神プロセスを完全にシミュレートできることを前提としています。
  • 心は本質的にコンピューター プログラムであり、本質的な機能を失うことなく、別のマシン (おそらく異なる材料構成) で複製できると想定しています。
  • 十分なメモリと処理能力があれば、人間の頭脳が実行できる機能はコンピューター プログラムでも実行できると仮定しています。
  • サールは、これらの主張は誤りであり、コンピューターには脳に必要な意図性と因果関係の力がないため、理解、意識、およびその他の心的現象を単なる計算に還元することはできないと主張している.

強いAIの実現可能性

ロジャー・ペンローズは、現在の計算方法では強力な AI (汎用人工知能 (AGI) とも呼ばれます) は不可能であると提唱しました。彼は、人間の知性には、人間の意識や数学的洞察などの非アルゴリズム的で計算不可能なプロセスが含まれており、これらは有限の規則やアルゴリズムのセットでは再現できないと主張しています。彼は、強力な AI には、計算不可能なプロセスの存在を可能にする新しい種類の物理学が必要であり、この物理学は、量子力学と時空の性質をより深く理解することで発見できる可能性があると示唆しています。

中国語の部屋

中国語の部屋は、哲学者のジョン・サールによって提案された思考実験であり、強力な人工知能 (AI) の概念に異議を唱えるものであり、AI は、機械が真に理解し、人間のような心を持つことができると主張しています。

思考実験では、中国語の記号を操作するための大量のルールが英語で書かれた部屋に閉じ込められた、中国語がわからない人がいます。その人は中国語の質問文を受け取り、ルールに従って、記号の意味を理解せずに中国語の回答を作成します。答えを受け取る部屋の外から見ると、部屋の中の人は中国語を理解しているように見えますが、実際には一連のルールに従って記号を操作しているだけです。

Searle は、中国語の部屋にいる人のように、一連の規則に従って情報を処理するコンピューター プログラムは、操作する記号の意味を真に理解することはできないと主張しています。サールによると、理解には記号の操作だけではありません。機械が所有できない主観的で意識的な経験が必要です。

G検定学習法

最後までご覧いただきありがとうございました。

当サイトではG検定に役立つ情報をまとめています。

ぜひご覧ください。

本サイトの活用方法

【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】

問題 すべての問題の解答が終わると答えを見ることができます。 解説動画 関連記事【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編) 2024年5月4日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト( […]

【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編)

講義編はこちら 関連記事【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 2024年5月28日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(講義編) 2024年1月24日 【G検定まとめ20 […]

【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(講義編)

問題編はこちら 関連記事【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 2024年5月28日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編) 2024年5月4日 【G検定まとめ202 […]

【G検定まとめ2024】試験当日も使える! 要点整理&試験対策カンペ

G検定の要点をシラバスから抜粋してまとめました。これから学習する方も、復習したい方にもお使いいただけます。試験当日用のG検定のカンニングペーパー参考としてもお役立てください。試験結果を保証するものではありませんので、試験 […]

【G検定2023まとめ】理解度確認&問題集まとめ【直前対策】

下記ページに移動しました。 【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 関連記事【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 2024年5月28日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リ […]

【G検定2023】G検定の概要と試験のポイント

このシリーズではG検定の要点を項目ごとにまとめています。 今回の記事では「G検定の概要と試験のポイント」について紹介します。 試験の概要  G検定(公式名:ジェネラリスト検定)は、JDLA:Japan Deep Lear […]

参考書籍

教科書として使用する書籍

体系的に知識を整理することができます。

まずは、この1冊を読んでG検定の学習を進めましょう。

検索機能が使用できるので、Kindle版が特におすすめです。

②問題集として使用する書籍

ある程度学習が進んだら、本番を意識して問題集に取り組みましょう。

本番の試験環境を意識して、このページ「要点整理&当日用カンペ」を使用しながら解答してみましょう。