・テーマごとに問題があります。
・すべての解答を選択したら、青色の「解答」を押してください。結果と解説を見ることができます。
・出題範囲および出題形式は必ずしも本番と同じものでありません。本記事はあくまで自己責任でご使用ください。
・記載内容の誤りやシステムに不具合があった場合には、お手数ですがお問い合わせフォームまたはTwitterからお知らせいただけると助かります。

【G検定2023まとめ】要点整理&当日用カンペ

G検定の要点をシラバスから抜粋してまとめました。これから学習する方も、復習したい方にもお使いいただけます。試験当日用のG検定カンニングペーパーとしてもお役立てく…

G検定・E資格まとめ

G検定 E資格 Generative AI Test2023 関連記事【G検定】Question-Answering 2024年7月19日 【G検定】DENDRAL 2024年7月19日 【G検定】ハ […]

【G検定2023まとめ】理解度確認&問題集まとめ【直前対策】

下記ページに移動しました。 【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 関連記事【G検定】Question-Answering 2024年7月19日 【G検定】DENDRAL 2024年7…

7. ディープラーニングの社会実装に向けて

以下のAIの倫理性に関する文章のうち、最も適切なものを1つ選べ。

以下のAIの社会的影響に関する文章のうち、最も適切なものを1つ選べ。

デジタルトランスフォーメーションに関する以下の文章において、空欄(ア)~(ウ)に当てはまる選択肢の組み合わせを1つを選べ。  デジタルトランスフォーメーションとは、進化したIT技術を( ア )させることで、人々の生活をより良いものへと( イ )させるという概念のことです。そのためには、( ウ )やクラウドコンピューティングなどの新しい技術やサービスを活用する必要があります。これらの技術やサービスは、従来のビジネスモデルや業務プロセスを大きく変える可能性があります。

空欄(ア)~(ウ)に当てはまる選択肢の組み合わせを1つを選べ。 デジタルトランスフォーメーションでは、IT技術だけでなく、( ア )や( イ )などの要素も考慮する必要があります。これらの要素は、デジタル技術によって変化する( ウ )に対応できるようにするために重要です。

AIプロジェクトの進行に関する文章のうち、適切なものの組み合わせを1つ選べ。 (ア)AIプロジェクトは、企画、調査(PoC)、開発(実装)、運用の4つのステップで進められる。 (イ)PoCとは、Proof of Conceptの略で「概念実証」のことであり、AIプロジェクトにおいては、ビジネス課題に対してAIが有効かどうかを検証するフェーズである。 (ウ)開発(実装)フェーズでは、AIシステムを本番環境に導入するために必要なコーディングやテストを行う。 (エ)運用フェーズでは、AIシステムが正常に動作しているかを監視し、必要に応じて改善や更新を行う。

AIプロジェクトの進行に関する文章のうち、誤っているものを1つ選べ。 (ア)企画フェーズでは、AIを使って解決したいビジネス課題や目標を明確にする。 (イ)調査フェーズでは、AIシステムに必要なデータや技術を調査し、実現可能性やコストなどを評価する。 (ウ)開発フェーズでは、AIシステムの設計やコーディングを行うだけでなく、品質やセキュリティなどの要件も満たすようにする。 (エ)運用フェーズでは、AIシステムが本番環境で問題なく動作するかを確認し、その後は特に何もしない。

AIプロジェクトの進行に関する文章のうち、正しいものを1つ選べ。(ア)AIプロジェクトを牽引する人間は、AIに関する知識やスキルがなくても問題ない。 (イ)AIプロジェクトの課題は、自社のビジネスや業界に合わせて具体的に設定する必要がある。 (ウ)AIプロジェクトのデータは、インターネット上で簡単に入手できるもので十分である。 (エ)AIプロジェクトの検証(PoC)は、一度だけ行えばよい。

AIを適用したプロセスの再設計に関する次の文章のうち、不適切なものを1つ選べ。

AIを適用したプロセスの再設計に関する次の文章のうち、不適切なものを1つ選べ。

AIを適用したプロセスの再設計に関する次の文章のうち、不適切なものを1つ選べ。

AIを適用したプロセスの再設計に関する次の文章のうち、不適切なものを1つ選べ。

AIを適用したプロセスの再設計に関する次の文章のうち、不適切なものを1つ選べ。

以下の文章のうち、正しいものはどれか、適切なものを1つ選べ。(ア)エッジAIでは端末側でAIに必要な処理を行うため、クラウドAIよりもデータのセキュリティが高い。 (イ)エッジAIでは端末側でAIに必要な処理を行うため、クラウドAIよりもデータの通信量が少ない。 (ウ)エッジAIでは端末側でAIに必要な処理を行うため、クラウドAIよりもデータのレイテンシーが低い。 (エ)エッジAIでは端末側でAIに必要な処理を行うため、クラウドAIよりもデータの品質が高い。

以下の文章のうち、正しいものはどれか、適切なものを1つ選べ。 (ア)エッジクラウドはエッジサーバー上でホストされるマイクロデータセンターであり、分析とAIを必要とする人やプロセスに近づける。 (イ)エッジクラウドはクラウド上でホストされるマイクロデータセンターであり、分析とAIを必要とする人やプロセスに近づける。 (ウ)エッジクラウドはエッジサーバー上でホストされるマイクロデータセンターであり、分析とAIを必要とする人やプロセスから離れる。 (エ)エッジクラウドはクラウド上でホストされるマイクロデータセンターであり、分析とAIを必要とする人やプロセスから離れる。

AIプロジェクトの成功には、データの質が重要である。データの質を高めるためには、以下のうちどれが必要となるか。適切なものを1つ選べ。

AIプロジェクトの失敗には、さまざまな原因がある。以下のうち、AIプロジェクトの失敗につながりやすいものを全て選べ。

アセスメントフェーズで重要な役割を果たすSFAとは何か?

アセスメントフェーズでデータの品質を評価する際に用いられる指標のうち、不適切なものを1つ選べ。

以下の文章のうち、適切なものを1つ選んでください。

以下の文章のうち、適切なものを1つ選んでください。

GDPRについて、適切ではないものを1つ選べ。

GDPRについて、適切ではないものを1つ選べ。

GDPRにおいて、データ主体が管理者に対して個人データの受信や別の管理者へのデータ送信を要求する権利は何と呼ばれるか。

データの管理について、適切ではないものを1つ選べ。

著作権法に関して、適切ではないものを1つ選べ。

著作権法に関して、適切なものを1つ選べ。

データセットの偏りから生じるアルゴリズムバイアスを検出する手段として、適切でないものを1つ選べ。

データセットの偏りから生じるアルゴリズムバイアスの影響を受けやすい分野として、適切なものを全て選べ。

以下の選択肢の中から、学習済みモデルの保護・管理に関する正しいものを1つ選べ。

以下の選択肢の中から、学習済みモデルの保護・管理に関する正しいものを全て選べ。

以下の選択肢の中から、学習済みモデルの保護・管理に関する正しいものを全て選べ。