【G検定まとめ】要点整理&当日用カンペの項目別詳解ページです。

詳細な知識や実装は試験には必ずしも必須ではありませんが、試験対策として理解を深めたい方はぜひ最後までご覧ください。

G検定まとめはこちら

Grad-CAM

Grad-CAM

Grad-CAM(Gradient-weighted Class Activation Mapping)は、特に畳み込みニューラルネットワーク(CNN)のモデルにおいて、モデルが画像のどの部分を「注目して」判断を下したのかを可視化する技術です。この技術は、画像を入力とするモデルにおける局所的な説明性を提供する手法の一つであり、特に画像認識タスクにおいて役立ちます​​。

Grad-CAMの理解には、グローバルアベレージプーリング(GAP)およびクラスアクティベーションマップ(CAM)という概念も理解する必要があります。畳み込み層の出力を利用して、最終的な分類のために特定の領域がどの程度活性化しているかを示すマップを生成します。これにより、モデルが最終的な分類判断を下す際に重視している画像の領域が明らかになります​​。

具体的には、Grad-CAMは畳み込み層の出力に対する勾配(モデルがどの程度その領域を「重要」とみなしているかの指標)を計算し、その勾配情報をもとにヒートマップを作成します。このヒートマップは、画像内でモデルがどの部分に注目しているかを視覚的に示し、分類判断に最も影響を与えている領域を強調表示します​​。

また、Guided Grad-CAMという技術では、Grad-CAMとGuided Backpropagationという別の技術を組み合わせてさらに詳細な可視化を行います。これは、畳み込み層の入力に対する勾配を利用して、クラス分類に重要な情報が含まれている領域をより鮮明に表示することができます​。

Grad-CAM++

Grad-CAM++は、Grad-CAMを改良したもので、CNNモデルの予測に関するより良い視覚的説明を提供することを目的としています​。

Grad-CAM++は、モデルが特定のクラスラベルを予測する際に、どの入力領域がその予測に最も寄与しているかを視覚的に表現します。これは、最後の畳み込み層の特徴マップのポジティブな部分微分を重みとして使用し、特定のクラススコアに関して視覚的な説明を生成するために重み付けされた組み合わせを用いています​。

具体的には、Grad-CAM++は、逆伝播時の正の勾配に焦点を当てることで、Grad-CAMを進化させた手法です。これは、特徴マップの重みを計算する際に、より洗練されたアプローチを採用しています。Grad-CAMでは、これらの重みは勾配の平均で単純に計算されますが、Grad-CAM++では、さらに複雑な計算を行います。重みは、特徴マップの特定の点に関するクラススコアの二階微分と三階微分を用いて計算され、その結果、ReLU活性化関数を使った場合には簡素化された式で表すことができます。

派生形

Grad-CAM++やGrad-CAM以外にも、多様なCNNの視覚化手法が存在します。

手法名説明
XGrad-CAM (Axiom-based Grad-CAM)「感度」と「保存」という二つの公理に基づいて、特徴マップの重み付けを最適化問題として解決し、信頼性の高い視覚化を目指す
Smooth Grad-CAM++Grad-CAM++の改善版で、強化された推論レベルの視覚化技術を提供する
IntegratedGradディープネットワークのための公理的帰属を導入し、勾配情報を統合して視覚化を行う
HiRes-CAMGrad-CAMに比べてより忠実な説明を提供することを目指す
Ablation-CAM特定のチャンネルを削除して予測におけるその重要性を判断する
Score-CAM特定のチャンネルだけを正規化して画像に適用し、ネットワークに再通して新たなスコアを得る
Group-CAMチャンネルをグループ化して、より有効な視覚化を実現する
Cluster-CAM画像分類におけるCNNの判断をクラスター加重視覚解釈を用いて視覚的に解釈する
Cosine-CAMコサイン類似度を利用している可能性があるが、具体的な実装の詳細は不明

G検定学習法

最後までご覧いただきありがとうございました。

当サイトではG検定に役立つ情報をまとめています。

ぜひご覧ください。

本サイトの活用方法

【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編)

講義編はこちら 関連記事【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(講義編) 2024年1月24日 【G検定まとめ2024】試験当日も使える! 要点整理&試験対策カンペ 2024年1月1日 【G […]

【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(講義編)

問題編はこちら 関連記事【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編) 2024年5月4日 【G検定まとめ2024】試験当日も使える! 要点整理&試験対策カンペ 2024年1月1日 【G検 […]

【G検定まとめ2024】試験当日も使える! 要点整理&試験対策カンペ

G検定の要点をシラバスから抜粋してまとめました。これから学習する方も、復習したい方にもお使いいただけます。試験当日用のG検定のカンニングペーパー参考としてもお役立てください。試験結果を保証するものではありませんので、試験 […]

【G検定2023まとめ】理解度確認&問題集まとめ【直前対策】

G検定の要点を問題形式にまとめました。試験前の理解度確認、直前対策にお役立てください。 (最終更新日:2023年3月1日) 1. 人工知能とは 問題を解く 2. 人工知能をめぐる動向 問題を解く 3. 人工知能分野の問題 […]

【G検定2023】G検定の概要と試験のポイント

このシリーズではG検定の要点を項目ごとにまとめています。 今回の記事では「G検定の概要と試験のポイント」について紹介します。 試験の概要  G検定(公式名:ジェネラリスト検定)は、JDLA:Japan Deep Lear […]

【G検定】G検定合格体験記 〜学習方法と受験体験〜

このシリーズではG検定の要点を項目ごとにまとめています。 今回の記事では、2022年7月2日(土)開催のG検定(2022#2 )に合格した学習方法と受験体験について紹介します。 これから受験される方へ参考になれば幸いです […]

参考書籍

教科書として使用する書籍

体系的に知識を整理することができます。

まずは、この1冊を読んでG検定の学習を進めましょう。

検索機能が使用できるので、Kindle版が特におすすめです。

②問題集として使用する書籍

ある程度学習が進んだら、本番を意識して問題集に取り組みましょう。

本番の試験環境を意識して、このページ「要点整理&当日用カンペ」を使用しながら解答してみましょう。