【G検定まとめ】要点整理&当日用カンペの項目別詳解ページです。

詳細な知識や実装は試験には必ずしも必須ではありませんが、試験対策として理解を深めたい方はぜひ最後までご覧ください。

G検定まとめはこちら

過学習

過学習とは、ニューラルネットワークが訓練データに過剰に適合してしまい、未知のデータに対する汎用性が損なわれる現象です。これはモデルに偏りが発生している状態と解釈できます。過学習を防ぐためには、ドロップアウトや早期終了(early stopping)などのテクニックが有効です。ドロップアウトは、学習中にランダムにノードを無効化することで、異なるモデルで学習を行い、モデルの偏りを解消します。一方、早期終了は、テストデータに対する誤差が上昇し始めた時点で学習を終了する手法です。これにより、訓練データのみに適合してしまう過学習を防ぐことができます​​​​。

過学習の特徴と発見方法

過学習は、予測モデルが訓練データに対して過剰にフィットしてしまう状態を指します。この状態では、モデルは訓練データに含まれる個々の特徴やノイズに対して過度に敏感になり、結果として未知のデータに対する汎化性能が低下します​​​​。

過学習に気づくためには、以下の手順が重要です​​:

  1. 訓練データと検証データ、テストデータの分割:データセットをこれらの3つのセクションに分けておくことで、モデルの訓練、検証、最終的な性能評価をそれぞれ異なるデータで行うことができます。
  2. ホールドアウト法による検証:訓練データでモデルを訓練し、検証データでモデルの精度を検証します。これにより、モデルが訓練データに過剰に適合しているかどうかを評価できます。

過学習の兆候

  • 訓練データに対する誤差が低いが、検証データやテストデータに対する誤差が高い:これは、モデルが訓練データに過剰にフィットしているが、未知のデータに対してはうまく機能していないことを示しています。
  • 予測モデルがデータ全体の傾向を捉えられず、データの細部に過剰にフィットしている:モデルが個々のデータポイントに対して高い精度を示している一方で、データ全体のパターンや規則性を捉えられていない場合です。

未学習

未学習は、モデルが十分に訓練データを学習していない状態を指します。これは、モデルが単純すぎるか、訓練が不十分であるために発生します。未学習が発生すると、モデルは訓練データにおいても未知のデータにおいても低い性能を示します。未学習を克服するためには、モデルの複雑さを増すか、より多くのデータで学習を行うことが有効です。ただし、モデルの複雑化は過学習を招くリスクもあるため、バランスが重要です。

G検定学習法

最後までご覧いただきありがとうございました。

当サイトではG検定に役立つ情報をまとめています。

ぜひご覧ください。

本サイトの活用方法

【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】

問題 すべての問題の解答が終わると答えを見ることができます。 解説動画 関連記事【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編) 2024年5月4日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト( […]

【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編)

講義編はこちら 関連記事【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 2024年5月28日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(講義編) 2024年1月24日 【G検定まとめ20 […]

【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(講義編)

問題編はこちら 関連記事【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 2024年5月28日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編) 2024年5月4日 【G検定まとめ202 […]

【G検定まとめ2024】試験当日も使える! 要点整理&試験対策カンペ

G検定の要点をシラバスから抜粋してまとめました。これから学習する方も、復習したい方にもお使いいただけます。試験当日用のG検定のカンニングペーパー参考としてもお役立てください。試験結果を保証するものではありませんので、試験 […]

【G検定2023まとめ】理解度確認&問題集まとめ【直前対策】

下記ページに移動しました。 【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 関連記事【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 2024年5月28日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リ […]

【G検定2023】G検定の概要と試験のポイント

このシリーズではG検定の要点を項目ごとにまとめています。 今回の記事では「G検定の概要と試験のポイント」について紹介します。 試験の概要  G検定(公式名:ジェネラリスト検定)は、JDLA:Japan Deep Lear […]

参考書籍

教科書として使用する書籍

体系的に知識を整理することができます。

まずは、この1冊を読んでG検定の学習を進めましょう。

検索機能が使用できるので、Kindle版が特におすすめです。

②問題集として使用する書籍

ある程度学習が進んだら、本番を意識して問題集に取り組みましょう。

本番の試験環境を意識して、このページ「要点整理&当日用カンペ」を使用しながら解答してみましょう。