【G検定まとめ】要点整理&当日用カンペの項目別詳解ページです。

詳細な知識や実装は試験には必ずしも必須ではありませんが、試験対策として理解を深めたい方はぜひ最後までご覧ください。

G検定まとめはこちら

ニューラルネットワーク

ニューラルネットワークの基本概念
ニューラルネットワークは、人間の脳内の神経細胞(ニューロン)のネットワークを模倣した計算モデルです。これらのネットワークは、ニューロンと呼ばれる基本的な要素が層を形成し、入力から出力までの情報処理を行います。層は入力層、中間層(隠れ層)、出力層の3つに大別され、個々のニューロンは入力に重みを掛け、バイアスを加えた後、活性化関数を通して出力を生成します。

ニューラルネットワークの歴史
1960年代から、ニューラルネットワークは複雑なシステムをモデル化し、情報を処理するための有望なアプローチとして研究されてきました。この時期の主な貢献には、Frank RosenblattによるPerceptronアルゴリズムやPaul WerbosによるBackpropagationアルゴリズムの開発があります。1980年代には、日本で福島邦彦らによって人間の視覚系に基づいたネオコグニトロンが開発され、ディープラーニングの発展に大きく貢献しました。

ディープラーニングとの関連
ディープラーニングは、隠れ層を増やしたニューラルネットワークの一形態であり、深層学習とも呼ばれます。これには、ReLU関数やソフトマックス関数などの活性化関数が使用され、勾配消失問題を軽減し、多クラス分類を可能にします。ディープニューラルネットワーク(DNN)は、特に層を深く連ねた形態で、表現力の高い複雑な関数の近似が可能です。これらのアルゴリズムは1960年代に考案されましたが、近年のコンピュータ技術の進化により、実用レベルでの利用が可能になりました。

ニューラルネットワークの応用
ニューラルネットワークは、入力層、出力層、重みの調整を通じて柔軟なモデル表現を可能にし、バイアス項を追加することで二値分類問題の解決や多クラス分類を可能にします。重みは学習過程で調整され、損失関数を最小化するように最適化されます。この学習過程は「バックプロパゲーション」と呼ばれる手法を用いて行われます。ニューラルネットワークのモデルには多くのバリエーションが存在し、非線形なデータの分類にも対応可能な多層パーセプトロンが開発されています。

G検定学習法

最後までご覧いただきありがとうございました。

当サイトではG検定に役立つ情報をまとめています。

ぜひご覧ください。

本サイトの活用方法

【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】

問題 すべての問題の解答が終わると答えを見ることができます。 解説動画 関連記事【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編) 2024年5月4日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト( […]

【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編)

講義編はこちら 関連記事【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 2024年5月28日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(講義編) 2024年1月24日 【G検定まとめ20 […]

【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(講義編)

問題編はこちら 関連記事【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 2024年5月28日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リスト(問題編) 2024年5月4日 【G検定まとめ202 […]

【G検定まとめ2024】試験当日も使える! 要点整理&試験対策カンペ

G検定の要点をシラバスから抜粋してまとめました。これから学習する方も、復習したい方にもお使いいただけます。試験当日用のG検定のカンニングペーパー参考としてもお役立てください。試験結果を保証するものではありませんので、試験 […]

【G検定2023まとめ】理解度確認&問題集まとめ【直前対策】

下記ページに移動しました。 【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 関連記事【G検定2024まとめ】理解度確認問題集【直前対策】 2024年5月28日 【G検定まとめ2024】YouTube動画リ […]

【G検定2023】G検定の概要と試験のポイント

このシリーズではG検定の要点を項目ごとにまとめています。 今回の記事では「G検定の概要と試験のポイント」について紹介します。 試験の概要  G検定(公式名:ジェネラリスト検定)は、JDLA:Japan Deep Lear […]

参考書籍

教科書として使用する書籍

体系的に知識を整理することができます。

まずは、この1冊を読んでG検定の学習を進めましょう。

検索機能が使用できるので、Kindle版が特におすすめです。

②問題集として使用する書籍

ある程度学習が進んだら、本番を意識して問題集に取り組みましょう。

本番の試験環境を意識して、このページ「要点整理&当日用カンペ」を使用しながら解答してみましょう。